お役立ちコンテンツ
通信教育

サイト内検索

製品情報PyroSim

PyroSimとは

FDSモデルを迅速かつ正確に操作するためのリーディングソフトウェアです。

Product Outline 製品概要

  • PyroSimを使用すると、FDSモデルを迅速に作成できます。
  • 複雑な火災モデルの詳細をすばやく編集および管理するのに役立ちます。
  • 視覚的なフィードバックにより、モデルの作成を高速化しエラーを減少できます。
  • 独自の可視化ソフトを搭載し、結果をよりリアルに描画できます(従来のSmokeviewも同梱)。

    ※ FDSは、火による流体の流れの数値流体力学(CFD)モデルです。火からの煙と熱輸送に重点を置いて、低速の熱駆動流に適したナビエ・ストークス方程式の形を数値的に解きます。
    ※ Smokeviewは、FDSシミュレーションの出力を表示するために使用される可視化プログラムです。

  • CADファイルのインポート
    CADファイルのインポート

Features 特徴

主な機能

  • 3Dモデリングツール
  • オブジェクト編集用の対話的GUI
  • MESH管理ツール
  • プロパティライブラリ
  • HVACシステム用GUI
  • 2D/3DのCADファイルのインポート(IFC,DWG,DXF,FBX,STL等)
  • 画像ファイルのインポート(BMP,GIF,JPG,PNG等)
  • FDS入力ファイルのインポート/エクスポート
  • 実行モードオプション(シリアル/パラレル/クラスタ)
  • 可視化ソフトSmokeviewの統合
  • 独自の可視化ソフトResultsを搭載
  • 3Dモデリングツール
    3Dモデリングツール
  • 実行モードオプション
    実行モードオプション

Case Study 事例

  • 部屋の火災
    PyroSim

    部屋の火災

    • PyroSim
    詳細を見る
  • 本能寺焼失シミュレーション
    PyroSim

    本能寺焼失シミュレーション

    • PyroSim
    詳細を見る

Operating Environment 動作環境

OS Windows10以降 64bit
CPU 高速なプロセッサ
(※CPU の速度は、計算が完了するまでの時間に関係します。)
【推奨:Intel i7 程度以上】
メモリ コアあたり2~4GB
(※RAM の容量は、メモリに保持できるメッシュセルの数に関係します。)
【推奨:8GB以上】
HDD

大容量
(※単一の計算で10GB 以上を使用することも珍しくありません。)
【推奨:100GB以上の空き容量、SSD】

グラフィック OpenGL 1.2のサポート
【推奨:OpenGL 3.2以降のサポート】

 

 

School & Support スクール・サポート

  • PyroSim 基礎

    PyroSim 基礎

    開催日お問い合わせください
    • PyroSim
    • 来場型
    • 操作スクール

関連製品